カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム


| スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日の東京市場は、引き続き底固い値動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は、高値圏でのもみあいになった。鉱工業生産が市場予想を上回ったことで、前日のしっかりとした値動きを引き継ぐと、17500円台を回復。そのまま17500円台前半でのもみあいが続いた。そして、昨日の米国株式は上昇した。FOMCが始まり様子見気分の強い中、3Mが弱気の業績見通しを発表したことが重しとなった。それでも、原油相場が上昇しエネルギー関連が買われたことが下値支えとなり、相場全体も前日の終値を上回る水準でのもみあいが続いた。また、シカゴ市場の日経先物は、17600円台に乗せる場面もあった。これを受けて、本日の東京市場も買いが先行しそうだ。神経質な動きを続けていた米国株式が買われたことが安心感を与える。そのため、好業績や高配当、そして業界再編などの期待による買いが下値に入りやすく、相場を押し上げそうだ。一方、17500円台は今年度の最高値水準であることから戻り売りも多い。したがって、本日の東京市場では、利益の確定売りをこなしながら、引き続き底固い値動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は続伸。前日の高値を上回り、1月26日の安値17300円を底値とする上昇トレンドが見られる。ただ、上値は17558円までと、24日の高値17553円の水準にとどまった。終値で見ると、22日~昨日までの7日間は、17408円(23日)~17507円(24日)の上下100円に満たないレンジに集まっていることから、現状は保ち合い相場といえる。ザラバのレンジも、25日高値17617円~26日安値17300円。したがって、終値・ザラバともにこの範囲から上下いずれの方向に抜けるのかが注目される。上方向ならば、2000年7月4日の戻り高値17661円の節目もあるが、中期的には大発会の高値17379円(4日)~11日安値16758円までの下落に対する倍返しとなる18000円ちょうども目標値になる。一方、17300円を割り込むと、16758円~17617円までの上昇に対する調整が本格化し、まずは50%押しとなる17190円が下値の目標となる。
スポンサーサイト
 今日の東京市場は、底固い値動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は、次第にしっかりとした値動きになった。朝方は、先週終盤の調整色の強い流れを引継ぎ、下値模索のスタートになった。しかし、円安を背景にして好業績への期待などから押し目買いが続き、相場は反発に転じた。ただ、週明けも米国株式はまちまちだった。M&Aのニュースが目立ち、また企業決算に関する明るいニュースなど好材料があったものの、FOMCを前に長期金利の上昇が続いていることが重石となった。そのため、一時は50ドル以上上昇しいていたNYダウも終盤は値を消した。ただ、シカゴ市場の日経先物は戻り売りに押されたものの、朝方回復した17500円台はキープした。これを受けて、本日の東京市場では買いが先行しそうだ。先週の木曜日に昨年の高値を一旦上回った後は、利益の確定売りに押される展開となっていた。しかし、テクニカル的な下値の目途に届いた後は、押し目買いに急速に値を戻している。好調な企業決算、業界再編や高配当利回りなどのキー・ワードを頼りに、物色意欲は引き続き強い。とりわけ、海外投資家の買いが継続的に入ってきていると見られていることも下値支えになる。そのため、本日の東京市場は、昨日の相場同様に底固い値動きになりそうだ。

 昨日末の日経平均株価は反発。朝方は売りが先行したものの、昨日の安値は17319円と、先週末につけた安値17300円を下回らなかった。現状は1月11日安値16758円~25日高値17617円までの上昇に対する調整局面と見られるが、その38.2%押しである17290円水準で下げ止まった格好である。なお、1月22日以降の相場では、23日の安値が17321円であり、先週末、そして昨日の安値も先述のとおりで、17300円水準が次第に下値抵抗線として意識されてきた。一方、上値は17500円台前半が強い上値抵抗線になりそうだ。ここは、1月24日に大商いをともないながらもみあったゾーン(17498円~17553円)である。しかし、ここを上回ることができれば、昨年来の高値17617円の突破から、17300円を底値とした新たな上昇トレンドが形成される可能性が強まる。その場合、2000年7月4日の戻り高値17661円の節目もあるが、中期的には大発会の高値17379円(4日)~11日安値までの下落に対する倍返しとなる18000円ちょうども目標値になる。
 今日の東京市場は、下値を固める動きになりそうだ。

 先週末の日経平均株価は下値模索となった。前日の米国株式が大きく下落したことや、寄り付き前に発表された消費者物価指数が予想を下回ったことが嫌気された。さらに、前日は昨年の高値を上回っていたことも、一旦は利益の確定売りを出そうという動きにつながった。ただ、引き続き押し目を買う動きも見られ、終盤にかけては下落幅を縮めた。そして先週末の米国株式は、まちまちだった。金利の上昇が重石となる中、マイクロソフトの予想を超える決算や、シスコ・シズテムズに対する証券会社の投資判断の引き上げなどによりハイテク株の一角が買われ、これが相場を下支えた。また、シカゴ市場の日経先物は、終盤にかけて上値を伸ばした。これを受けて、本日の東京市場はもみあいからのスタートになりそうだ。先週末の米国株式がハイテク株を中心に下げ止まりの姿勢を見せたことは、ひとまずは安心感を誘いそうだが、これ自体は積極的な買いの材料にはなりにくい。また、日経平均株価は昨年の高値を突破したもののすぐに押されたために、慎重な投資家からの利益の確定売りが上値を押さえそう。ただ、円安などを背景にして国内企業の決算は好調との見方から、押し目を買おうとする向きも少なくなく、これが下値を支える。そのため、今日の東京市場は、好業績や高配当の銘柄への買いを支えに、下値を固める動きになりそうだ。

 先週末の日経平均株価は、17421.93円-36.37と続落。25日の安値17427円を下回ったことで、1月25日の高値17617円が、11日の安値16758円からの上昇トレンドの天井になった。そのため、下値の目途としては38.2%押しの17290円がある。26日の安値は17300円と、ほぼこの水準で下げ止まった。なお、これを割り込むと、次は50%押しの17190円が目標になる。一方、上値は25日安値17427円~26日高値(終値)17421円のマドを埋めると、さらに戻りを試す動きにりそうだ。ただ、24日に大商いをともないながらもみあった17500円台前半では戻り売りが予想され、強い上値抵抗線になる。しかしこれを上回り、25日の高値17617円を突破すれば騰勢が強まりそう。その際には、2000年7月4日の戻り高値17661円の節目もあるが、中期的には大発会の高値17379円(4日)~11日安値までの下落に対する倍返しとなる18000円ちょうども目標値になる。
 今日の東京市場は、下値を探る動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は、昨年の高値を上回る場面はあったものの、その後はじり安となった。前日の米国株式の堅調な値動きを受けて買いが先行したが、買い一巡となると逆に戻り売りに押されて反落に転じた。とりわけ、円相場が120円台前半まで上昇したことが、利益の確定売りをうながした。そして昨日の米国株式は大きく下落した。イーベイなどの好決算はあったものの、発表された中古住宅販売件数が市場の予想を下回る一方、長期金利が大きく上昇したことが嫌気されて、利益の確定売りが終日続いた。また、シカゴ市場の日経先物も一時は17300円台前半まで下落した。これを受けて、本日の東京市場は売りが先行するだろう。昨日は朝方に高値をつけたが、その後は戻り売りに軟調な値動きが続いた。さらに、米国株式が下落したことで、この流れが引き継がれそうだ。もっとも、昨日の下落の大きな要因となった円高は、再び121円台に戻ったことは安心感を誘う。そのため、本日の東京市場は利益の確定売りをこなしながら下値を探る動きになりそうだ。

 昨日の 日経平均株価は反落。昨年の高値17563円(4月7日)を一旦上回り、11日安値16758円からの短期の上昇トレンドだけでなく、昨年の安値14045円(6月14日)からの長期の上昇トレンドも確認された。しかし、その後は下落に転じて、一昨日の安値17498円も下回った。そのため、昨日の安値17427円を下回ると、昨日の高値17617円が目先での天井になりそうだ。その場合、1月18日高値17408円、22日安値17401円や23日終値17408円などがある17400円水準が最初の支持線。また、16758円~17617円までの上昇に対する調整と見れば、その38.2%押しとなる17290円も下値の目途になる。一方、上値は24日のもみあいゾーンである17500円台前半が抵抗線。ただし、昨日の高値を上回ると、新たな上昇トレンドが形成される可能性がある。その場合、2000年7月4日の戻り高値17661円が節目となる。また、昨の高値~安値までの下落の倍返し、17800円水準も目標となる。
 今日の東京市場は、引き続き上値を試す動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は、堅調な値動きになった。先週後半から続く底固い値動きを背景にして、前日の米国株式が反発したことをきっかけに17500円台に乗せた。その後も、好業績銘柄を物色する動きが続き、商いをともないながら高値圏での値固めの動きとなった。そして、昨日の米国株式は続伸。発表されたヤフーやサン・マイクロシステムズの決算が市場予想を上回ったことから、ハイテク・セクターの業績への期待が復活し、ナスダックは大幅上昇となった。また、原油相場も続伸しエネルギー関連もしっかりで、ダウは史上最高値を更新した。なお、シカゴ市場の日経先物は17700円に迫る場面もあった。これを受けて、本日も買い先行となろう。昨日は17500円水準を固める動きだったが、ここにきて低迷していた米国株式が大きく上昇したことが安心感を誘い、一段と騰勢が強まりそうだ。米国での通常取引終了後に発表されたイーベイの決算が好調で、ナスダック100先物が買われていることも支援材料。また、昨年の高値を更新すれば、バブル崩壊後の最安値からの長期の上昇トレンドがあらためて確認されることになり、中長期での上昇を期待した買いも入りやすい。そのため、本日の東京市場は、利益の確定売りは予想されるものの、これをこなしながら引き続き上値を試す動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は反発。1月22日の高値17484円を上回ったことで、11日安値16758円からの短期の上昇トレンドだけでなく、昨年の安値14045円(6月14日)からの長期の上昇トレンドも確認された。ここから上値の節目は、昨年の高値17563円(4月7日)。仮にこれも突破すると、1月22日高値17484円~23日安値17321円の下落の倍返しとなる17650円が最初の上値の目途になる。さらに、1月4日高値17379円~11日安値16758円の下落の倍返しとなる18000円も目標値である。一方、下値は、心的な節目の17500円が最初の支持線。ただし、これを割り込んだ場合は、22日~23日の保ち合いレンジの中心であった17400円台前半が次のサポートになる。なお、終値を見ると、15日~17日は17200円台、18日・19日は17300円台、22日・23日は17400円台、そして昨日は17500円台と着実に切り上がっており、強い上昇基調に変化はない。
 今日の東京市場は、上値を試す動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は、底固い値動きだった。前日の米国株式がハイテク株を中心に大きく売られたことから、下値模索となる場面もあった。しかし、好決算への期待から押し目買い意欲は強く、そのため鉄鋼株が昨年の高値を突破するなど相場の上昇基調に変化はなく、日経平均株価も一時前日の終値を上回る場面もあった。そして、昨日の米国株式も反発した。通信機器大手のアルカテル・ルーセントが決算の見通しを引き下げたものの、テキサス・インスツルメンツが発表した決算が予想を上回ったことが市場に安心感を与え、ハイテク株に押し目買いが入った。また、大統領が石油備蓄を倍増するとの方針を示したことで原油相場が急反発し、資源関連銘柄が買われたこともNYダウを押し上げた。なお、シカゴ市場の日経先物は17500円台に乗せている。これを受けて、本日の東京市場は上値を試す動きになりそうだ。様子見気分を強める大きな要因となった米国株式がひとまず落ち着いたことで、押し目を買う動きは強まる。また、昨日はハイテク銘柄が利益の確定売りに押される一方で、調整が続いていた鉄鋼株が大幅上昇になるなど、市場参加者の強い物色意欲がみられる。そのため、昨年の高値が間近に迫っていることで戻り売りは予想されるものの、好調な企業決算への期待を背景とした底固い値動きに変化はないだろう。したがって、本日の東京市場はふたたび上値を試す動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は反落。1月22日の安値17401円~19日高値17378円のマドを埋めた。そのため、昨日の安値17321円を下回ると、一昨日の高値17484円が目先での天井になる。その際に、1月17日~19日のもみあいゾーンの中心である17300円は注目される支持線ではあるが、むしろこれを割り込み、今月半ば以降の終値の下限がある17200円を試す可能性が強そうだ。一方、上値は17484円がポイント。こちらを突破することができれば、昨日の安値17321円を底値とした上昇基調が強まり、昨年の高値17563円(4月7日)が最初のターゲットになる。ここも突破すると、17484円~17321円の下落の倍返しとなる17650円が目標値になる。さらに、中期的な目標値としては、1月4日高値17379円~11日安値16758円までの下落の倍返しである18000円がある。なお、終値を見ると、15日~17日は17200円台、18日・19日は17300円台、そして22日・23日は17400円台と着実に切り上がっている。したがって、昨日の相場は反落したものの、なお強い上昇基調は維持されている。
 今日の東京市場は、下値を見極める動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は、しっかりとした値動きになった。先週末の米国株式が落ち着いた動きだったことから、先週終盤の底固い値動きが引き継がれた。大きく上昇して始まると、その後も高値圏でのもみあいになった。しかし、昨日の米国株式は下落した。先週発表されたインテル、アップルなどの決算が市場の期待に届かなかったことから、最近の相場上昇を牽引したハイテク銘柄の業績に対して警戒感が強まった。また、証券会社がボーイングの投資判断を引き下げたことも、重石となった。そのため、軟調な値動きとなり、ダウは4日続落、またナスダックは1月3日以来の安値で引けた。なお、シカゴ市場の日経先物は、17300円台後半でのもみあいになった。これを受けて、本日の東京市場も売りが先行しそうだ。米国株式の下落、とりわけハイテク株が売られたことが、相場の上値を押さえそうだ。一方で、昨日は、注目されるイベントの通過で安心感が広がり、昨年4月21日の戻り高値を上回る場面があるなど、相場の上昇基調は次第に強まっている。そのため、本日の東京市場は戻り売りをこなしながら、下値を見極める動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は反発。1月18日の高値17408円を上回ったことで、短期では1月11日安値16758円からの上昇トレンドが見られる。また、長期で見ても、昨年の安値14045円(6月14日)からの上昇トレンドがあらためて確認された。昨年4月21日の高値17479円も一旦上回ったことで、次は17500円という心理的な節目が上値の目途になる。一方、下値は昨日の安値17401円~1月19日高値17378円のマドが、直近のサポート。ただし、これを埋めると、昨日の高値17484円が目先での天井になる可能性もある。なお、先週の相場は、週初に17200円台に乗せてからは、終値では15日~17日までは17200円台を維持。そして、18日・19日の終値は17300円台だった。さらに、昨日は17400円台に切り上がった上、昨年5月の高値などがあった17300円台後半の強い抵抗線を上回ってきたことで、昨年の高値17563円(4月7日)を突破する態勢ができてきた。仮に、この高値を上回れば、1月4日高値17379円~11日安値16758円までの下落の倍返しである18000円が目標値になってくる。
 今日の東京市場も、底固い値動きになりそうだ。

 先週末の日経平均株価は、底固い値動きだった。朝方は、前日の米国市場でハイテク株が売られたことが嫌気され下値模索になったが、後場からは切り返して、一時は上昇に転じる場面もあった。結局、前日比で0.3%の小幅下落にとどまった。そして、先週末の米国株式はまちまちだった。IBMは発表した業績が市場の期待に届かず下落。また、GEも好決算ながら過去の会計処理の見直しを嫌気され売られた。一方で、原油相場の反発でエネルギー関連銘柄が買われ、またインテルなどハイテク株の一部に押し目買いが入ったこと相場を下支えた。なお、シカゴ市場の日経先物はしっかりで、16400円台後半まで買われる場面があった。これを受けて、本日の東京市場は買いが先行しそうだ。米国のハイテク株に買いが戻ってきたことは、東京市場にも安心感をもたらす。さらに引き続き円相場が軟調であることで、本格化する企業決算への期待も強まり、これが下値を支えよう。懸念されたSQそして日銀金融政策決定会合という大きなイベントを通過したことで、ここからは押し目買いが入りやすく、本日も底固い値動きになりそうだ。

 先週末の日経平均株価は反落。17378円~17242円のレンジだった。上値は、昨年5月の高値17375円(8日)や1月4日高値17379円などがある17300円台後半で押さえられた。また、下値は15日、16日の終値などがある17200円台前半で下げ止まった。しかも、18日のレンジ17408円~17220円に内包されるはらみ足だった。したがって、19日のレンジをどちらに放れるのかが注目される。17378円を突破すれば17日高値17335円~18日安値17220円までの下落の倍返しとなる17450円が目標値。また、昨年4月21日の高値17479円も節目である。なお、終値で17300円台後半の強い抵抗線を突破できれば、昨年の高値17563円(4月7日)へのトライの可能性が強い。一方、17242円を下回ると17100円台後半が次のサポート。ただ、これを割り込むと、先週の安値17002円(17日)が目標となる。なお、終値で見ると、先週の相場は、15日は17209円、16日は17202円、そして17日は17261円と17200円台に集まり、この間は実質的には保ち合い相場だった。しかし、18日の終値は17370円、そして19日は17310円と、このレンジを上放れ始めてきた。ここから見ると、19日は反落ながらなお上昇基調は維持されている。また、17200円台前半が注目される下値サポートになる。
 今日の東京市場は、下値を固める動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は堅調な値動きになった。金融政策決定会合の結果の発表を待たないで、相場は上値を追う展開となった。さらに、利上げ見送りで一旦利益の確定売り圧力が強まったものの、企業決算への期待などから押し目買いが続き、取引終了にかけてもしっかりとした値動きになった。しかし、昨日の米国株式は下落した。インテルに続き、アップルの業績見通しも市場の期待に届かなかったことから、年初から相場の上昇をささえてきたハイテク株に売りが広がり、ナスダックは大きく下落した。一方、NYダウは高値圏でのもみあいの後、小幅続落となった。また、シカゴ市場の日経先物は、17400円を大きく超えてスタートしたが、終盤にかけて値を消した。これを受けて、本日の東京市場は戻り売りが先行しそうだ。昨日の米国市場でハイテク株が売られたことで、東京市場でも同セクターへの売りを見極めることになろう。一方で、先週のSQそして今週の日銀金融政策決定会合というイベントを通過し、市場参加者の目は発表が本格化する企業決算に向うだろう。とりわけ、121円台に入った円安を背景に、好業績が期待できる銘柄には積極的な押し目買いが入るものとみられ、これが相場を下支えそうだ。そのため、本日も戻り売りをこなしながら下値を固める動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は続伸。17日の高値17335円を上回ったことで、目先では17日の安値17002円を底値とする上昇トレンドが見られる。また、昨年5月の高値17375円(8日)や1月4日の高値17379円があり、強い抵抗ラインと見られた17300円台後半も上回ってきた。そのため、昨年の高値17563円(4月7日)へのトライも期待できる。なお、細かく見ると、一昨日の高値17335円~昨日の安値17220円までの下落の倍返しとなる17450円も目標値。また、昨年4月21日の高値17479円も上値の節目である。一方、下値は17300円台前半が最初の支持線。これを下回ると、昨日の安値17220円が次の下値の目途になる。なお、終値で見ると、15日は17209円、16日は17202円、そして17日は17261円と17200円台に集まり、この間は実質的には保ち合い相場だった。しかし、昨日の終値は17370円と、このレンジを上放れてきた。そのため、あらためて上昇基調が強まったと判断できると同時に、17200円台が注目される下値サポートになる。
 今日の東京市場は、値固めの動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は、乱高下となった。決算を発表したインテルが時間外取引で売られたことが嫌気され、また利上げ見送りとの報道がかく乱要因となり、様子見気分の強い中を利益の確定売りが相場を押し下げた。しかし、17000円の節目を前に下げ止まると、本格化する決算発表への期待などによる押し目買いで大きく反発する場面もあった。ただ、昨日の米国株式は下落した。インテルの下落でハイテク株の上値が重く、また発表された生産者物価指数が予想を上回ったことも、戻り売りにつながった。それでもJPモルガンの好決算もあり、NYダウは12600ドル台に乗せて史上最高値を更新する場面もあった。なお、シカゴ市場の日経先物は、おおむね17200円台でのもみあいだった。これを受けて、本日の東京市場は様子見気分の強いスタートになりそうだ。やはり、日銀の金融政策決定会合の結果を待たざるをえない。これについては、利上げが見送られるとの報道もあり、予断を許さない状況である。それでも、年明け後昨日までに見られた株価の大きな変動を通じて、いずれの結果もかなりの程度は織り込まれている。そのため、このイベントを通過すれば、円安基調が続く中で発表が本格化する企業決算への思惑から、押し目買いが期待できる。そのため、本日の東京市場は、イベント通過を待ちながら、値固めの動きが続きそうだ。

 昨日の日経平均株価は反発。朝方は下値模索になり、1月11日安値16758円~16日高値17287円までの上昇に対する半値押し17022円まで達し、この上昇に対する値幅調整の動きとなった。しかし、昨日の安値は17002円と、心理的な節目の17000円水準で下げ止まると、その後は急速に上昇して一昨日の高値17287円を突破した。昨日の高値17335円を上回ると、昨日の安値を底値とする上昇トレンドが形成される。その場合の上値の節目は17300円台後半。ここには、昨年5月の高値17375円(8日)や1月4日の高値17379円があり、強い抵抗ラインである。それだけに、この水準を突破できれば、昨年の高値17563円(4月7日)を上抜くことも期待できる。一方、下値は17100円台後半がサポート・ライン。昨日の朝方~後場寄りの間を除けば、1月15日以降はこれを超える水準での取引が続いている。なお、過去2日は17100円台後半~17200円台後半での保ち合いが続き、昨日はそこから下方向・上方向と試す動きが見られた。しかし、終値は17261円と再びレンジの中に戻っている。終値でみると、15日17209円、16日17202円と17200円台に集まっていることから、終値がここからどちらの方向に動くのかが、次のトレンドを読むためのヒントになりそうだ。

copyright © 日経平均, 日経225先物, 日経225先物mini (日経225ミニ先物) デイトレード&スイングトレード&システムトレードの達人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。