カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム


| スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日の東京市場は、引き続き上値を試す動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は、堅調な値動きになった。先週後半から続く底固い値動きを背景にして、前日の米国株式が反発したことをきっかけに17500円台に乗せた。その後も、好業績銘柄を物色する動きが続き、商いをともないながら高値圏での値固めの動きとなった。そして、昨日の米国株式は続伸。発表されたヤフーやサン・マイクロシステムズの決算が市場予想を上回ったことから、ハイテク・セクターの業績への期待が復活し、ナスダックは大幅上昇となった。また、原油相場も続伸しエネルギー関連もしっかりで、ダウは史上最高値を更新した。なお、シカゴ市場の日経先物は17700円に迫る場面もあった。これを受けて、本日も買い先行となろう。昨日は17500円水準を固める動きだったが、ここにきて低迷していた米国株式が大きく上昇したことが安心感を誘い、一段と騰勢が強まりそうだ。米国での通常取引終了後に発表されたイーベイの決算が好調で、ナスダック100先物が買われていることも支援材料。また、昨年の高値を更新すれば、バブル崩壊後の最安値からの長期の上昇トレンドがあらためて確認されることになり、中長期での上昇を期待した買いも入りやすい。そのため、本日の東京市場は、利益の確定売りは予想されるものの、これをこなしながら引き続き上値を試す動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は反発。1月22日の高値17484円を上回ったことで、11日安値16758円からの短期の上昇トレンドだけでなく、昨年の安値14045円(6月14日)からの長期の上昇トレンドも確認された。ここから上値の節目は、昨年の高値17563円(4月7日)。仮にこれも突破すると、1月22日高値17484円~23日安値17321円の下落の倍返しとなる17650円が最初の上値の目途になる。さらに、1月4日高値17379円~11日安値16758円の下落の倍返しとなる18000円も目標値である。一方、下値は、心的な節目の17500円が最初の支持線。ただし、これを割り込んだ場合は、22日~23日の保ち合いレンジの中心であった17400円台前半が次のサポートになる。なお、終値を見ると、15日~17日は17200円台、18日・19日は17300円台、22日・23日は17400円台、そして昨日は17500円台と着実に切り上がっており、強い上昇基調に変化はない。
スポンサーサイト
トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 日経平均, 日経225先物, 日経225先物mini (日経225ミニ先物) デイトレード&スイングトレード&システムトレードの達人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。