カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム


| スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日の東京市場は、下値を見極める動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は、しっかりとした値動きになった。先週末の米国株式が落ち着いた動きだったことから、先週終盤の底固い値動きが引き継がれた。大きく上昇して始まると、その後も高値圏でのもみあいになった。しかし、昨日の米国株式は下落した。先週発表されたインテル、アップルなどの決算が市場の期待に届かなかったことから、最近の相場上昇を牽引したハイテク銘柄の業績に対して警戒感が強まった。また、証券会社がボーイングの投資判断を引き下げたことも、重石となった。そのため、軟調な値動きとなり、ダウは4日続落、またナスダックは1月3日以来の安値で引けた。なお、シカゴ市場の日経先物は、17300円台後半でのもみあいになった。これを受けて、本日の東京市場も売りが先行しそうだ。米国株式の下落、とりわけハイテク株が売られたことが、相場の上値を押さえそうだ。一方で、昨日は、注目されるイベントの通過で安心感が広がり、昨年4月21日の戻り高値を上回る場面があるなど、相場の上昇基調は次第に強まっている。そのため、本日の東京市場は戻り売りをこなしながら、下値を見極める動きになりそうだ。

 昨日の日経平均株価は反発。1月18日の高値17408円を上回ったことで、短期では1月11日安値16758円からの上昇トレンドが見られる。また、長期で見ても、昨年の安値14045円(6月14日)からの上昇トレンドがあらためて確認された。昨年4月21日の高値17479円も一旦上回ったことで、次は17500円という心理的な節目が上値の目途になる。一方、下値は昨日の安値17401円~1月19日高値17378円のマドが、直近のサポート。ただし、これを埋めると、昨日の高値17484円が目先での天井になる可能性もある。なお、先週の相場は、週初に17200円台に乗せてからは、終値では15日~17日までは17200円台を維持。そして、18日・19日の終値は17300円台だった。さらに、昨日は17400円台に切り上がった上、昨年5月の高値などがあった17300円台後半の強い抵抗線を上回ってきたことで、昨年の高値17563円(4月7日)を突破する態勢ができてきた。仮に、この高値を上回れば、1月4日高値17379円~11日安値16758円までの下落の倍返しである18000円が目標値になってくる。
スポンサーサイト
トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 日経平均, 日経225先物, 日経225先物mini (日経225ミニ先物) デイトレード&スイングトレード&システムトレードの達人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。