カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム


| スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日経225先物は、買いが先行した。昨日の米国株式は下落したものの、NYダウの下げ幅自体は限定的だった。一方、シティが日興にTOBをかけるとの報道は、あらためて業界再編への思惑を強めるとともに、日興の上場廃止にからんで裁定解消売りが出やすくなるとの懸念をやわらげ、買戻しを誘った。その結果、日経平均株価は一旦16700円台後半まで値を戻した。

 上値の節目は16800円台。ここは昨日の前場のもみあいゾーンのほぼ下限である。そして、これを上回ると、100日移動平均線の16900円が次の戻りの目途となる。

一方、下値は16700円の節目が最初の支持線。そして、16600円台半ばもサポートとなる。ここには、昨日の終値16642円や本日の始値16654円などの節目もある。

 なお、現状は昨年来高値18300円(2月26日)からの下落トレンドが見られる。過去5日は、高値・安値ともに前日のそれよりも安い状況が続いた。しかし、本日の安値は昨日の安値16532円を上回っている。さらに昨日の高値16992円も上回ると、昨年来高値からの下落基調も一段落となり、昨日の安値が当面の底値になる可能性が強まる。

-----

儲けていても損していても、あまりアツくなりすぎると、最後には破滅の道をたどるもの。 相場には、「心の平和」 が一番肝要です。 気分転換にどうぞ↓

今日のおもしろ動画 「ドラゴンシュート!! by 横浜FC 久保 (March 03,2007)」
(↓ 【再生ボタン】 をクリックすると、動画が始まります 【無料】 ↓)


スポンサーサイト
トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 日経平均, 日経225先物, 日経225先物mini (日経225ミニ先物) デイトレード&スイングトレード&システムトレードの達人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。